トップページ » 新入会員の声/入会案内

新入会員の声/入会案内

加藤裕介 (2009年入会)

この会に入るにあたり、参加できる時間に終わる確約がない仕事上、入会を非常に悩んでいました。しかし、会員である清水靖さんに説明・勧誘され、その熱意に押されるように仮会員として参加しました。都合のつく中で会合に参加すると、会員の皆さんの、能代を活気付けようとする心意気がすごく、またそれに賛同できる自分がいたため、この会の会員になろうと思い今に至ります。定時というのが、あってないような仕事が整備業ですので、なかなかフルで参加出来るかわかりませんが、能代を活性化したい気持ちを無くさないようにしながら、会員として頑張っていく所存です。

板垣秋範 (2009年入会)

まず始めに、入会を認めて頂きましてありがとうございました。入会する機会を与えてくれた同級生、諸先輩方に感謝いたします。私は、入会時ちょうど30歳になり、人生の節目に新しい出会いがあったと感じています。この出会いを大切にして、これからの人生を歩んでいきたいと思います。能代青年会議所の会員は、その大半が能代市出身です。私は三種町出身で、能代に友達は数える程しかいません。私の中に、能代で新しい仲間が増えたことを本当に嬉しく思います。先輩方からは、能代青年会議所というものに関していろいろ聞いております。先輩方の想い、信念を共に分かち合いながら一緒に活動していきたいと思います。先輩が言う青年会議所を一言で表現するならば、青年会議所とは自己鍛練の場であるということ。活動を通してお手本となる先輩のいいところを盗んで、自分のものにしたいと考えております。また、そこで学んだことを自分の仕事や家庭に置き換えて考えることが出来るならば幸いです。全ては自分の成長のため、そう信じておりますので、何事も一生懸命に挑戦したいと思います。

白坂俊也 (2009年入会)

能代青年会議所の先輩方の活躍は以前から拝見させていただいておりました。「いつかは自分も・・・」的な憧れの感情を持っておりました。約10年に渡るサラリーマン生活にピリオドを打ち、家業を手伝うようになりました。それを聞いて入会の声を掛けていただき感謝しております。7月から3ヶ月間の仮会員としての活動。毎月の委員会や例会に出席し、その時感じた事はただ一つ、「俺って今まで結構ひま人だったんでがぁ」でした。弘前市で産声を挙げ2歳の時に能代に移り住んで30年。小学校から高校はもちろんの事、「能代」が好きで大学も秋田市へ決めました。そんな大好きな能代で能代の為に活動できる能代JCに入会できた事をとても誇りに感じています。これからは能代のため、自分自身の為にも精一杯頑張ります。まだまだ至らないところが多々ありますが、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

新入会員募集

多忙なあなたこそ、青年会議所への入会をお勧めします

各企業の第一線で活躍するあなたと同じハードなスケジュールに追われている青年経済人で構成されています。JCで、効果的な時間管理の方法を身につけ、さらに実りの多い時間を生み出すことを目指します。

JCは大きな可能性に向けての自己投資です

JCの入会金や年会費は、決して小さな出資とはいえません。しかし、参加すればするほど、大きな収穫をあなたにもたらすのがJCです。時間と費用は自己投資として考えています。事実、あなたの将来にこれだけ大きな可能性をもたらし得る団体は他にないと自負しています。

色々な委員会や月1会定例会をベースに豊かなJCライフがひろがります

例会や委員会、全員の協力による全体事業等に積極的に参加し、仲間との協力関係を通じて、他では得られない信頼関係と真の友情を育んでいます。

 
まずは月1回の例会と月1~2回の委員会への参加、というスケジュール調整からスタートしてみて下さい。
【時間主に(例会、委員会共)19:00~21:00です】

入会資格

1.年齢が20歳以上40歳未満であること(男女不問)
2.勤務先又は居住地が八峰町、藤里町、能代市、三種町及びその周辺地域にある人
3.青年会議所運動の目的と意義に心から共鳴し、自ら運動に参加しようとする自発的な意志と情熱を持っていること

4.品格、良識のある青年であること
JCプロモーション動画を見る
プロモーション動画イメージ

■お問い合わせ・資料請求■ 
社団法人 能代青年会議所 
担当 会員拡大研修委員会 委員長 大谷 泰彦

〒016-0894 秋田県能代市萩の台3-8 TEL0185-54-6750 FAX0185-89-1155
E-mail  jc-no23@shirakami.or.jp