ロム事業完遂

2011-12-20

敬愛するメンバーの皆さま
 
おはようございます。
お陰さまを持ちまして、タイトルのとおり先日の開催された卒業式をもって、ロム事業の全てを終えることができました。今年は4名の卒業生を見送ることになり、一抹の寂しさも窺いしる、そんな一日でありました。吉方さん、荒木さん、八木さん、児玉さん、本当にお疲れ様でした。ご卒業後も、益々のご活躍を期待すると共に、いつまでも現役メンバーへご声援ください。
 
さてさて、小生の余命も残り11日となりました。昨晩の事ですが、能代青年会議所事務局で2012年度秋田ブロック協議会正副会長会議が開催され、会議を終えてから同期理事長の杉渕理事長(大館JC)と軽めの一杯での場で、ポロっと彼が漏らした言葉を聞いて、その実感が湧いてきました。その言葉とは・・・。
「寂しい・・・。」
そんな彼に私は何故と聞いたら、まだまだやり残したことがあると呟いておりました。入会年数でみると、彼は決して多くの実績を残してきたとは言えないのかもしれませんが、理事長としてその担いを全うしようとする意気込みは半端なものではありませんでした。さらにいうと、久しぶりに本物のJCマンに出会えたと言っても過言ではないぐらい、そんな彼に私も感化させられました。
「できることならばもう一度・・・。」
二言目の彼の言葉です。皆さんもお気づきだと思いますが、この言葉はこれまでに理事長職を全うされたほとんどの方がこの時期に発する言葉です。最近は時世の影響もあると思いますが、自ら理事長職に手を挙げられる方が少なくなってきてしまいました。実に残念なことです。
「もう一度・・・。」
辛いことや苦しいこと、厳しい決断を迫られ判断に苦慮したり、それでもメンバーの力を借りて前向きな姿勢で幾多の修練を乗り越えてきたのです。その達成感たるや、それを今この瞬間、理事長の皆さんは噛締めはじめ、この時期にこのような言葉を発するのです。それだけ、心血を注いで頑張ってきたことを象徴する言葉だと、私は多くの理事長経験者の背中をみて感じてきました。
 
これを見てる現役メンバーから「へば、おめはどんだぁ〜ずや!!!」と罵声を浴びせられそうなので、私の心中を少しだけお伝えします。
私は潔く、大好きなマイクをステージへそっと置き「わたしは普通の男の子に戻ります」そんな心境です。
今この地域は、能代青年会議所を注目しはじめました。これはこの一年、皆さんからご尽力いただいた事業展開が地域へ浸透してきたことを物語っております。ここにきて軌道に乗ってきたことに、理事長としての欲を出し、職に溺れるようなことを私はしたくありません。何事も「引き際」が大切なのであり、信頼する仲間にそのマイクを引継ぐことが綺麗な幕引きなのだと私は思います。
 
話しの路線がずれてしまいましたが、委員長を経験された皆さんは今どのように思っておりますか?。皆さんには是非に「もう一度・・・。」を思っていただきたい。そして、理事長を目指し、私が引継いだマイクをいつの日か受取ってもらいたいと願っております。
 
「ながぁ〜〜〜い夜 」が好きで「バラ」と「ワイン」の似合わない次年度へマイクを渡す準備に入ってきました。
本日は基金管理委員会があり、来週には会計監査や新旧合同役員会など、マイク磨きにもう少々時間がかかりそうですが、新旧合同懇親会後の「ながぁ〜〜〜い夜」に、「見えない自由」をつかみ取るためにも汗でびっしょになったマイクを次年度へ託します。
 
それでは、残り僅かではありますが、これからもみんな!!「本当の声を聞かせておくれよぉぉぉぉ」
 

今日から12月・・・ラスト1ヶ月

2011-12-01

メンバーの皆様
おはようございます。
 
今日から12月に入りましたね。
忘年会シーズンに突入し、少しするとクリスマスに年越し準備など、1年間の中で最も慌ただしい時期だと言えるのでないでしょうか。
こんな時期によく「体には気をつけろ」と言われますが、皆さんも健康管理にご留意いただき、元気な姿で新年を迎え、今まで以上にJC運動に没頭できるように宜しくお願いいたします。
 
「出会いもあれば、別れもあるのが世の常」
 
少し早いですが、ゴールが近づくにつれ今年1年を振返る機会が多くなりました。本当に多くの経験をさせていただき、もうすでに感無量です。理事長は最大なる修練の場と申しますが、最高の経験をさせていただき、感謝の一言に尽きます。こんなにも楽しい経験を皆さんにも味わっていただきたいと思います。
 
頑張れば頑張るだけ自らを成長させる糧となります。
どうか皆さん。JCから自己研鑽を得るならば「理事長」を目指して意欲的に頑張ってくださいね。
 
 
それではラスト1カ月、宜しくお願いいたします。
 
 

新旧合同御礼

2011-11-28

皆さん、お疲れ様です。
 
今月もいよいよ本日含め残り3日となってしまいました。(汗)
そんな中、先週末の土曜日には鹿角の地において沢山の皆さんからのご協力いただき新旧合同懇談会へ参加してきました。
11年度は最後の会員会議所が執り行われ、我らが宮腰直前と白坂君が最後の審議案件を無事に終えられております。
本当にお疲れ様でした。特に白坂君は大きな経験と功績を残されました。一年間に亘る白坂君のご尽力に改めて敬意を表します。
また、12年度は早朝から役員会、その後の会員会議所会議も行われ、小生は副会長として、そして田中秀範君はアカデミー委員長として、其々の議案が無事に承認されました。次年度梅田理事長も真剣な面持ちで席に座っており、ここにきて頼もしさも垣間見るようになってきました。これからの梅田次年度の活躍を大いに期待申し上げます。
 
早朝から夕方までびっちり続いた会議もようやく終え、その後は慣例の本次年度合同懇談会(懇親会)が盛大に執り行われ、本当に盛り上りました!!その中で、卒業式もあり卒業予定者の吉方君、進君、ボンジュールこと八木君も登壇され輝かしい有終の美を飾り、その場に理事長として居合わせることができたことが何よりも嬉しく思います。ある卒業生の答辞により「ミソ」をつけられましたが、3名の誇らしい姿はしっかりと目に焼き付けておりますよ。今まで本当にお世話になりました。
 
その後は、2次会3次会・・・。ある一室での梅田塾・・・。本当に遅くまでお付き合いいただき感謝申し上げます。
終わりが近づくにつれ、全ての事業が一瞬で通り過ぎてゆき、その加速感は増しております。寂しさも少々感じつつ、残り僅かの時間を皆さんと共有し、その瞬間を楽しみながら幕を閉じたいと思いますので、今後もどうぞ宜しくお願いいたします。
 
特急清水60号はまだまだ走ります!!
トレイントレイン走っていく〜!!
 
まだまだいくぞぉぉぉぉぉ!!!!!

勤労感謝の日

2011-11-23

お疲れ様です!
 
今日は勤労感謝の日ですよ。皆さんゆっくりお休みをとることができましたか。
私は商売柄、国民の祝日は休んだことがなく本日も業務にあたっております。決して非国民ではありませんので、勘違いされませんように。
 
ところで、昨晩の定例会はご参加いただきありがとうございました。
定例会での理事長挨拶でも述べましたが、今月の定例会をもって通常例会が最後となりました。なんだか感慨深いものがありましたねぇ〜。当日は秋田市で福井会頭との座談会もありまして、そちらに参加してから定例会場へ足を運んだわけですが、その道中に最後に福井会頭が強く私たちに訴えかけていただいた「悔いを残さないでほしい」のメッセージを振返りながら歩んできた一年間を思い出してみました。
今年は3.11東日本大震災の発災により、年初に計画していた委員会事業もいくつか断念しております。これは、あのような想定外な現状を目の当たりにして、賢明な決断と今も思っておりますが、会頭のメッセージを聞いて「悔い」はないものの、残り1カ月余りをどのように最後まで徹底的に理事長職を全うするべきか考えさせられました。
勿論、次年度以降も「悔い」の残らないJCライフを歩んでまいりますが、全うとなればでのような結果になるでしょうね。
 
また、卒業予定者からの「遺言スピーチ」も執り行われました。本当に個性豊かな方ばかりで、笑いもあり盛り上りながら卒業予定者が経験された心の引き出しを覗きこむことができました。
今年は4名の卒業生を見送らなければいけません。残り1カ月間となってしまいましたが、JCライフを最後までご堪能いただきたいと願っております。
まだ早いですが、本当にお疲れ様でした。
 
最後になりますが、先週末のある会合で東京で活躍され師(おじき)と仰ぐ方から懇親の場で贈っていただいた言葉を、皆さんにもお裾分けをしたいと思います。
 
「時流独創」じりゅうどくそう
 
これは師(おじき)が今年一年間の指標に掲げた言葉で、お前も掲げろとケツを叩かれました。
今まさに厳しい時流に我々は苦慮しつつも、果敢に立ち向かっていかなければいけません。これから新しい歴史を刻むべき私たちは、だれもがやることのできない独創的な行動をとるべきことが必至であります。「念ずれば花開く」これはどれだけ想いを強くいだけるかが問われ、想いの濃度によっては決して開花しないことを物語ります。私たちは経済人でもあります。この厳しい時流であっても、のみ込まれることなく舵をとるためには「明確なビジョンとゆるぎないミッション(使命感)」を持ち合せなければいけません。そして、最後までやりとおす「鉄の意志」が必要です。
ちょっと長くなってしまいましたが、この話しはJCも同様ではないでしょうか。
 
みなさん是非に、明るく豊かなまちを標榜する団体の一員として、JCの本質を見誤ることなく、これからも社会貢献を目指して頑張りましょうね。
そして、次年度へこの勢いを託したいと思います。
 
残り1カ月ですが、どうぞ宜しくお願いいたします。
 
直前理事長予定者 清水 靖
 

かもめ→かも→?

2011-11-04

おはようございます。

11月に入り私の趣味でもある「かも」の狩猟が始まりました!

連日、日の出前の時間から猟友会の先輩達と共に猟場へ赴き、渡航してきた渡り鳥に
「パパーン」と銃声を鳴り響かせております。

かもの猟期は11月1日?1月31日までの期間しかなく、その間に腕利きの先輩達は作戦
を練りながら今年の成果を上げようと頑張ってます。

毎年この日を迎えると、一年前の初猟日を振返ります。去年はどうだった、そのまた
前にはどうだっかなどなど。このように今までの実績を踏まえ今年はどう攻める
か・・・。

昨年の初猟日のことですが、このようなやり取りのなかJCのことも考えてました。
いよいよ次年度体制も色濃くなったころ、引継ぎモードが高まり、新年度はどのよう
に自分らしく運営していくのか。

先に述べた「かも」の初猟は何年にも亘る実績があっても、簡単には思惑通りにいき
ません。これも魅力の一つなんでしょうが、この日、この年にかけた思いからする
と、作戦が失敗した時は、逃げるカモの後ろ姿にただ呆然と立ちすくむばか
り・・・。逆に作戦が的中すると・・・満面の笑み。

この繰り返しがあるから面白いんだよね!!

昨年の宮腰直前を「かもめ」に例え、今年の私は「かも」かもしれません。では次年
度はどんな鳥を飛ばしてくれるでしょうか。そんな見方も面白いですよね。

渡り鳥は逆風に向かって飛び立ちます。今年は震災もありましたが、その他にもいろ
んな試練に今年の「かも」は立ち向かったつもりでいます。それができたのも、群れ
となって一緒に羽ばたいた仲間がいてくれたからこそです。風にのった「かも」の群
れはそろそろ休息の場に着地しようとしておりますが、着地の瞬間がハンターにとっ
て絶好の的。最後まで気を引き締め、良き仲間と無事に着地できるよう群れの先頭を
羽ばたき残り僅かの日を頑張ります。

来年はフラミンゴになるのか九官鳥やインコになるのか。もしくはタカになるのか。
楽しみですね!!

いずれにせよ、今年も来年も皆で頑張りましょうね!!

※因みに添付の写真は成果の一部です。皆さんに振舞いたいところですが、あいにく
腕の都合上ご勘弁ください!

それでは11月も「いくぞ!!」頑張りましょう。

四つ目の汗

2011-10-28
111026_203122.jpg 111026_191355.jpg 111026_190107.jpg

折角撮影したメンバーの勇姿を添付してませんでした。

四つ目の汗を流しながら写真添付します(汗)

10月27日

2011-10-28
111027_101639.jpg 111027_101655.jpg

昨日から各小学校や幼稚園や保育所などへ配布寄贈が始まっております。なぜ昨日か
らなのか・・・。「10月27日」言わずと知れた私たち能代青年会議所が誕生した日で
す。

この絵本を手にしてくれた子供達が将来この地域を大切にしてくれることを願い、そ
して、そんな子供達と共にこの地域発展に大きく前進するための「第一歩」が生まれ
る事を更に願い、希望を実現化していくための「志」が誕生した日となることでしょ
う。

子供達へ手渡す時、期待するキラキラとした目が本当に印象的でした。

その光景に立ち会った瞬間、私たちが「白神かかし」に託した想いは確実に波紋を広
げる事でしょう。

子供達の姿に学ぶ機会は多くありますよね。

絵本を手にした瞬間、一冊の本を皆で囲み食い入るように読んでくれてました。

写真は能代第四小学校の図書委員会の皆さんですが、各小学校や幼稚園に保育所など
で、このような光景が広がることを創造してみると、すごく嬉しくなりませんか?

我らが「かっくん」は地域へますます広がりました。

皆さんも子供達に負けないよう、この事業の伝道者として頑張っていきましょう
ね!!

今日も「白神やすし」は頑張ります!!

いくぞ!!

汗・汗・汗 三つの汗

2011-10-28

10月26日の夜・・・。

この日は周年事業で大変お世話になりました「サポーターズのしろ」主催の、バス
ケットボールフリースロー大会へ参加してきました。

これはチーム3人編成で行われまして、当JCは3チームほどエントリーさせていただ
いた他、全体で19チームでガチンコの戦いとなりました。

正直、フリースロー大会なので当JCのバスケチギリーズ部隊で上位を占めるだろうと
安易に予測しておりましたが・・・。なめてました。(参加した他のチームの皆さん
ごめんなさい)

結果は・・・。

それでもなんとか個人賞に幸坂・白坂両名がいたので面目は保ったかのような錯覚で
満足して帰ってきました。

汗?

日頃の運動不足による懺悔の汗

汗?

表彰式での肩身の狭い汗

汗?

メンバーとの反省会で食べた、だまこ鍋の熱さに汗

今回は残念ながらの結果ではありましたが、それでも「サポーターズのしろ」さんへ
の恩返しもできましたし、なんだかんだとメンバー間の野次罵声に包まれながら楽し
く過ごすことができた一日でした。

三つの汗・・・。汗=冠(かん)に因み、目に見えない「三冠」で終わった楽しい日
でした。

10月定例会 感謝!

2011-10-28
111024_201003.jpg 111024_200804.jpg 111024_205439.jpg 111024_195342.jpg 111024_195440.jpg

おはようございます。

先日の定例会へ参加いただきありがとうございました!!

今回の担当は希望実現化委員会さんによる「白神かかし」事業に関わる内容でありま
した。

この事業は2009年度に発足された継続事業です。今までに様々な事業展開を重ね、60
周年記念事業の一環として「絵本」を作成しております。

決して「絵本」を作成することが目的ではありませんので、真の目的を皆さんにもご
理解いただきたいところですが、今回の定例会を通じてその辺のところは参加いただ
いた皆さんにもお伝えできたと思ってます。

また、この「白神かかし」事業の今後の発展性についても、皆さんで討議されまし
た。

あいにく限られた時間な故に、深いところまで追求できなかったものの、短時間で沢
山のアイディアが発表されております。

時に発想とは何度も首を捻り、時間をかけながら発掘するよりも、閃きで生まれたも
のの方が結構おもしろい事業となります。

そんな意味からすると、今回提案された事業の中から魅力溢れたものが生まれるかも
しれませんね。

今年の事業としては一区切りとなりますが、この事業は「継続事業」として今後も取
組まれます。

どんどん発展させ本事業の目的でもある「心の醸成」運動の波紋を益々広げていきま
しょうね。

ますます「いくぞ!!」

ありがとうございました。

味覚の秋(旬な栗?と米?)

2011-10-17
111015_141504.jpg 111015_172512.jpg 111015_172719.jpg

おはようございます。

多忙を理由に投稿を疎かにしている白神やすしです。

先週15日(土)に秋田市で開催された秋田BL協議会アカデミー委員会へ参加してきた報
告をいたします。

当日はいよいよ最後となる第6回目の委員会が開催され、アカデミー委員が県北・中
央・県南グループに分かれ、其々の地域に特色を活かし、地域発展に繋がる事業を立
案・企画した事業計画書を基に、会員会議所スタイルに準じて各地会員会議所理事長
を相手どり、プレゼンを行い意見や質問に答えるという事業内容でありました。

当然のことながら私も理事長として参加させていただきましたが、最初に感じたのが
アカデミー生の緊張感でして、心臓がバクバクする音が聞こえるぐらいでした。その
雰囲気を感じ取った小生としても、生半可に席に座るのは失礼とおもい、真剣に資料
に目を通し説明を聞いておりました。彼らの事業計画書は審議する我々にとっても魅
力溢れるものでして、本当に感心させられましたが、それでも落とし穴が散見され、
理事長さん達からも甘辛くも手厳しい質問や意見が飛び交っておりました。

答えにつまる場面も幾度か見受けられたものの、中には堂々と受け答えするアカデ
ミー生もおり、頼もしさも感じるばかり。特に我々能代勢の栗田・保坂両名も確りと
受け答えし、背中を押した私にとって、これほど嬉しいことはございません。

栗田君・保坂君よくぞ頑張ってくれた!!君たちが作成した事業を、本当に遂行でき
るよう機会があったら挑戦してくれ!!

また、委員会終了後にはアカデミー委員会閉校式も開催されております。

なんと栗田君は100%出席ということで皆勤賞を獲得。保坂君も100%出席を目指して
くれてましてが、一度だけ欠席を余儀なくされ残念ながら皆勤賞を得ることはできま
せんでしたが、保坂君もよく頑張ってくれました。

アカデミー委員会の佐藤委員長や担当の松橋副会長からも感謝の言葉を沢山頂戴して
おります。

この経験を踏み台にし、今後も君達二人の飛躍的な活躍を期待しております。本当に
お疲れ様でした。そして、ありがとう!!

その後は懇親会が開催されており、内容は参加したメンバーに聞いてみてください。

このブログにはちょっと書き込むことができない内容なので・・・。

次年度は田中秀範君がアカデミー委員長として出向します。今年度の佐藤委員長との
裸?の引継ぎも無事に行われました。

来年出向予定のメンバーも今年の栗田・保坂両名に負けないほどの活躍と期待してお
ります。

それでは残り数カ月となった今年度ですが、引き続き「いくぞ!!」

どうぞ宜しくお願いいたします。

« Older Entries
Copyright(c) 2011 All Rights Reserved.